紀要論文 空き家バンクに関する一考察 : 西日本の3事例をもとに

平, 修久

内容記述
 人口減少に直面している地方の多数の自治体では,空き家を活用し,新規住民の獲得のため,空き家を売却ないし賃貸したい所有者と,転入したい人をつなぐ空き家バンク事業を実施している。しかし,十分な成果を上げられている自治体は限られている。今回調査した西日本の3自治体(松江市,雲南市,神河町)の事例から,空き家バンクの課題・問題として,(1)登録物件の確保,(2)空き家提供者や自治体と利用者の希望のミスマッチ,(3)行政の関与の程度による相反する信頼性とリスク回避の度合い,(4)空き家の質的保証,⑤総合的な人口確保施策との連携,⑥民間不動産業者との連携などが挙げられる。
  Many municipalities suffering from population decrease operate vacant property banks that offer information on vacant properties to people seeking a living in rural areas. However, only a few banks receive enquiries from other areas as anticipated. A survey of Matsue City, Un-nan City, and Kamikawa Town in West Japan revealed that these banks face issues such as 1) lack of registration of vacant properties, 2) expectation mismatch between owners and users of vacant properties, 3) dilemma between reliability and risk avoidance for governments with respect to the extent of government intervention, 4) quality guarantees of vacant properties, and 5) necessity of a close linkage between the banks’ activities and overall migration policies.
本文を読む

https://serve.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3157&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報