Departmental Bulletin Paper 空間の変形と変身の時間:デヴィッド・ハーヴェイとアントニオ・ネグリにおける社会変革と想像

鄭, 鎬碩

第28巻 ( 第1号 ) 2015-10
ISSN:09152539
Description
本稿は,デヴィッド・ハーヴェイとアントニオ・ネグリの社会変革と想像をめぐる議論を中心に,二人の理論的相違を明らかにすることを目的とする。ハーヴェイとネグリは,マルクス主義における目的論的,決定論的傾向を乗り越えるという類似した問題関心から出発したが,ハーヴェイが,変革をめぐる弁証法的展望を保持しつつ空間の再編における「建築家の反抗」に焦点を合わせるのに対し,ネグリは,改められた時間性に基づく唯物論の再定義を通じて「貧者」がもつ生産的活力の無媒介的な展開を求める。本稿は,こうした理論的分岐の相貌を「空間の変形」(ハーヴェイ)と「変身の時間」(ネグリ)として理解し,その相違が社会変革と人間の想像力に対する異なった捉え方に起因することを明らかにする。
Full-Text

http://serve.seigakuin-univ.ac.jp/reps/modules/xoonips/download.php?file_id=4991

Number of accesses :  

Other information