Departmental Bulletin Paper 地域密着型サービス事業所における職員の心理援助に対するニーズの探索的研究?:臨床心理士が職員研修を行うための基礎資料として

堀, 恭子  ,  いとう, たけひこ  ,  ホリ, キョウコ  ,  イトウ, タケヒコ

第28巻 ( 第1号 ) 2015-10
ISSN:09152539
Description
本研究は,臨床心理士の地域援助として行う「地域密着型介護サービス事業所」職員研修を効果的に行う準備として,職員の心理的援助ニーズを探索的に明らかにするパイロット研究報告の続編である。分析により,職員の充実感とつらさの因子が抽出された。この2 因子に対する職員の認知を,充実感高・低×つらさ高・低の4 領域に分類した。ポジティブ心理学の心理的well-being の視点から,これら4 領域中「充実感高×つらさ高」群のつらさの内容に着目した分析を行った。その結果,「充実感高×つらさ高」群を構成する管理者・リーダーへの研修を行うことが地域密着型事業所における,介護の質向上と彼ら自身のメンタルヘルスに寄与することが予測された。
Full-Text

http://serve.seigakuin-univ.ac.jp/reps/modules/xoonips/download.php?file_id=4989

Number of accesses :  

Other information