Departmental Bulletin Paper 児童の休み時間の利用・過ごし方と行動様式の関連
Relationship between Children’s Activity of Recess Time and Behavior Style

山下, 玲香  ,  都築, 繁幸

14pp.29 - 36 , 2018-03 , 愛知教育大学特別支援教育講座・福祉講座
ISSN:1883-3101
NCID:AA12153820
Description
本研究は,小学校4年生から6年生の児童を対象に休み時間の利用・過ごし方が行動様式にどのように影響しているのかを明らかにするために男女差や学年差の観点から検討した。A県内B市の小学校3校の4年生から6年生の児童,471名を分析した。その結果,行動様式尺度として「学級協力」,「友人関係の維持」,「遊びの創造」,「遊びの探求」の4因子が抽出された。そして屋外でのボール遊びや遊具,休み時間の関わりの対象,男女の混合,学年,遊び仲間の勧誘の要因が行動様式に何らかの影響を与えていることが示唆された。これらの要因に加え,男女差の要因が「友人関係の維持」において,学年差の要因が「学級協力」と「遊びの探求」において影響していることが示唆された。休み時間にこれらの要因が含まれる活動を取り入れて児童の運動意識が変容していくかどうかを検討することが今後の課題とされた。
Full-Text

https://aue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6514&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

Number of accesses :  

Other information