紀要論文 里山の自然史に関する意識調査~袋井市における小学校5・6年生の児童を対象に~
Survey on Public Perceptions of Natural History of Satoyama Woodland ―A Case study of Primary School Students in Fukuroi City, Shizuoka Prefecture―

延原, 尊美  ,  永田, 聖大

5pp.161 - 169 , 2017-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科共同教科開発学専攻(後期3年博士課程)
ISSN:2187-7327
NII書誌ID(NCID):AA1262681X
内容記述
袋井市には、第四系の海成層が隆起・侵蝕されてできた丘陵群が広がっている。丘陵の地質断面を観察できる露頭は学校教育における地層学習のみならず、児童・市民に対する里山の自然史教育にとっても重要である。本研究では、それらの露頭をより有効に普及教育へ活用するため、児童・市民が有している里山の自然史についての理解度やイメージを調査した。調査は、市内の小学校5・6年生を主な対象に、地学について5問(地層の年代、質感、環境変動、地形形成など)、生態系保全について1問(ホタルの生息場)の選択問題からなる質問紙形式で行った。なお、地域住民についても同様の調査を補助的に行った。その結果、児童、地元住民ともに、地学分野の正答率は生態系保全の正答率より10%以上低い値を示した。次に、児童集団を対象として、各問題についての回答の間でクロス集計を行った結果、以下の傾向が認められた。1)地層の質感のイメージは、地層の年代や地形形成に対するイメージと連動しているとはいえない。2)地質学的な時間の長さについての感覚と、その中で起こりうる地質現象についてのイメージとの間にも関連性は認められない。3)過去の温暖化の度合いに対するイメージは、海面上昇があったことを意識している集団と意識していない集団との間で有意差は認められない。4)地質や地形の成り立ちを正しく理解できていない場合、ホタルの生息場やその保全についての理解度も低い。これらの傾向を踏まえると、露頭での観察体験を自然史の学習として深めるためには、1)体験した地層の質感を諸現象の考察においても思い起こすこと、2)異なる時間スケールでの出来事を整理すること、3)地元の自然の成り立ちを地球史に照らしつつストーリーとして組み立てること、4)環境変動については量的表現を組み込むこと、5)地学の諸現象と生き物の生息場との関わりを見つめ直すことが重要と言える。
The geography of Fukuroi City, Shizuoka Prefecture, is characterized by hills of Satoyama Woodland, which consists of the Quaternary marine sediments. The geological outcrops in the hills are important not only for field study in school education, but also for extension of natural history for citizens. In order to effectively utilize the outcrops as educational materials, this study surveyed public perceptions of the natural history of the Satoyama Woodland in Fukuroi City. The questionnaire-sheet survey, composed of five geology questions (age, rock solidification, environmental fluctuation, and formation processes of hill features) and one ecology question (habitat of fireflies), was conducted on fifth and sixth graders of primary school students as well as adults of local residents. The survey results show that percentages of correct answers for the geological questions are lower by over 10% than for the ecology question. Cross tabulation made for the children population suggests the following four trends. First, the image of rock solidification is not clearly linked to those of geological age and hill geography formation. Second, we could not recognize linkage between geological age and images of events, which may occur during the time span. Third, there is little change in image of climatic warming degree, nevertheless they can image sea-level rising caused by climatic warming. Fourth, incorrect images on the geology can mislead to wrong schema for ecosystem conservation. On the basis of the survey results, five devices are proposed for more effective study plan on natural history of Satoyama Woodland: 1) reflection of feel of rocks, such as solidification, in discussion on geological processes and geographical features, 2) arrangement of geological and historical events in various time-scale, 3) story plotting about formation process of local nature in relating with global earth-history, 4) introduction of quantitative expression for environmental fluctuation, and 5) reconsideration on relation between geological processes and ecosystem conditions.
本文を読む

https://aue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6166&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報