紀要論文 中学生の「ネット依存行動」の改善に向けた要因の分析―「ネット依存」に関する自己認識に着目して―
Analysis of Improvement Factors in Internet Addiction of Junior High School Students -Focusing on the Self-recognition of Internet Addiction

酒井, 郷平

5pp.113 - 122 , 2017-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科共同教科開発学専攻(後期3年博士課程)
ISSN:2187-7327
NII書誌ID(NCID):AA1262681X
内容記述
近年, スマートフォンやタブレットの普及により, 子どもたちの情報機器の利用率が増加しており, このことに伴い, 「ネット依存」の問題が指摘されている。学校教育においても, 子どもたちの「ネット依存」や「ネットへの接触」に関する行動変容を目指した授業プログラムの開発が求められているが, まだ十分に確立されているとはいえない。この原因として子どもたちのどのような要因に対して学習を行えば, ネット依存行動が改善されるのかについて, 明らかになっていないことが考えられる。そこで本研究では, 子どもたちのネット依存行動に影響を及ぼす要因を明らかにすることを目的とした。この目的を達成するため, 中学生に質問紙調査を行い, 得られた回答から抽出された5つの因子間の関係性について分析を行った。その結果, 「情報機器への接触行動」に対して, 「精神的依存状態」や「相手からの返信に対する不安」, 「適正利用に対する自信」が影響していることが明らかとなり, 中学生の「ネット依存行動」の要因について一定の示唆が得られた。
In recent years’ smartphones and tablets use has increased among children, so Internet addiction has increased. In school education, a lesson program aimed at behavioral changes concerning children’s Internet addiction and contact with the Internet is yet to be well-established. Because, factors of student’s dependence on the Internet are still unknown. Therefore, the purpose of this research was to investigate the factors of behavioral for student’s Internet addiction. Consequently, we conducted a questionnaire survey for junior high school students and analyzed the relationship between the five factors extracted from the answers obtained. As a result of the factor analysis, it was cleared that “contact behavior with information equipment” are clearly affected from “mental dependence state” and “self-confidence in proper use”, and it was suggested about factors of student’s dependence on the Internet.
本文を読む

https://aue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6162&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報