紀要論文 設計の学習における最適解を得るまでの思考過程
Thought Processes for Optimized Solutions in Design Learning

紅林, 秀治  ,  村上, 陽子

5pp.91 - 99 , 2017-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科共同教科開発学専攻(後期3年博士課程)
ISSN:2187-7327
NII書誌ID(NCID):AA1262681X
内容記述
本研究では, 設計の学習において最適解を得るまでの学習者の可謬的思考が重要な役割をすることを明らかにする。設計において求められるものは, 最適解である。最適解には可謬的な側面があるため, 科学で一般的に「正解」とされるものとは本質的に異なる。つまり, 設計においては科学的な思考が重要となるが, それに加えて, 可謬的な要素を含んだ思考も必要とされる。本論文では, 可謬的な要素を含む思考と科学的な思考が設計の中でどのように関わってくるのか検討した。その結果, 科学的な思考は, 設計の過程における要素の選択や組み合わせの場面でより確かなものを作り出すための知識を提供すること, 可謬的な思考は, 目的の達成に必要な機能をイメージしたり, 構想したりする目標設定の場面で説明仮説を生み出すことが示唆された。説明仮説を生み出す思考は, アブダクションやヒューリスティックであり, それらの思考は, 可謬的であるが, 科学的な思考であるアナリシスやシンセシスに加え, 設計の過程の中で新しい発想を生む際の重要な思考方法であるといえる。
We demonstrate that fallacies in thinking assume an important role for students to find optimized solutions in design learning. The required result of design work is an optimized solution. An optimized solution has an element of fallibility, so it is essentially different from a scientific solution. Although it is important to think scientifically in design work, it is necessary to think fallibly as well. In this paper, we consider how thinking fallibly involves thinking scientifically in design work. We find that thinking scientifically provides the knowledge to make a high-quality product in terms of selecting and constructing elements, and that thinking fallibly assumes an important role in proposing a hypothesis for imaging functions and establishing the concept of the product to accomplish a purpose in terms of setting a goal. The thinking that leads to hypotheses is abductive and heuristic, and hence fallible, but is important in bringing new ideas to the design process.
本文を読む

https://aue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6160&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報