紀要論文 健常幼児と障害幼児の語彙及び音韻意識獲得の特徴
Features of the Acquisition of Vocabulary and Phonological Awareness in Healthy and Unhelaity Infants

大島, 光代

5pp.53 - 65 , 2017-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科共同教科開発学専攻(後期3年博士課程)
ISSN:2187-7327
NII書誌ID(NCID):AA1262681X
内容記述
健常幼児と障害幼児の語彙及び音韻意識獲得状況の差異を確認し特徴を明らかにするため、A県B市の健常幼児(5歳児)と障害幼児(5歳児)に対して、語彙及び音韻意識の獲得状況を調査した。正答率が高かったのは、「清音」「濁音・半濁音」「拗音」「撥音」「促音」「拗長音」の順であった。カテゴリー別にみると「③動物」「⑤昆虫・虫」「⑤食べ物」「⑥乗り物」「①生活にかかわることば」「⑦身体」「②植物」の順であった。障害幼児は5名であるが、健常幼児と比較すると、全員が獲得語彙及び音韻意識の状況には遅れが見られた。正答率に有意な差が認められたことばは、20語で、特殊音節のうち特に撥音が含まれることばが多かった。健常幼児群の中には、語彙としてことばを獲得できているにもかかわらず、文字がほとんど読めないために音韻分解課題がクリアできない幼児の存在や、語彙力は高いにもかかわらず音韻分解課題が困難な幼児の存在が明らかになった。幼小接続期の早期指導・支援の可能性を拡大するため、就学後に子どもの困難が自覚され問題となる学習障害の中でも「限局性学習症(発達性読み書き障害)」(specific learning disorder)の予兆と言えるような実態を検証する必要がある。
This study aims to examine the differences in the acquisition of vocabulary and phonological awareness between healthy and unhealthy infants. Five-year-old healthy and unhealthy infants from A Prefecture, B city, were included in this study and their acquisition of vocabulary and phonological awareness was investigated. Vocabulary was broken down into the following categories: (1) life, (2) plants, (3) animal, (4) insect, (5) food, (6) vehicle, and (7) body. For special syllables, it was found that the percentage of correct answers was low. For words, a significant difference was observed in the percentage of correct answers between the two groups, that is, a difference of 20 words. In order to expand the possibility of early guidance and support for unhealthy infants, it is important to verify the actual situation by checking for signs of learning disabilities in an infant, such as difficulty in paying attention, localized learning disorder, developmental reading and writing disorder, or a specific learning disorder.
本文を読む

https://aue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6157&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報