Departmental Bulletin Paper 「Ⅴ+着」と〈Ⅴ+テイル〉の対照研究(八)
A Contrastive Study of “Verb + Zhe” and “Verb + Teiru” (viii)

時, 衛国

66pp.83 - 90 , 2017-03-01 , 愛知教育大学
ISSN:1884-5177
NCID:AA12466134
Description
本研究は中国語の「着」と日本語の〈テイル〉の意味機能について対照言語学的に考察し、両者の共通点と相違点を究明することとする。「着」と〈テイル〉は、命令表現・動作過程の描写・連体修飾節に用いることができるという点では共通しているが、命令表現の場合、語の意味による制限をあまり受けておらず、動作過程への多様な描写の手段を持っているという点では、「着」は〈テイル〉と異なっている。「着」は、命令表現に用いることができて、様々な動的状態を捉えることができる。また静的状態に対しても支配的に捉えることができる。この用法は「着」のその他の表現における用法とは大きく異なり、命令表現における「着」の独特な用法と考えられる。動作過程への把握の仕方も多くあり、また、連体修飾節においても強い描写性を有しており、多様な状態を表現することができる。この点では〈テイル〉と違っている。〈テイル〉は、命令表現に用いられる場合、ぞんざいな命令表現として話し言葉に多用されるが、丁寧な命令表現とはならない。また、動詞の意味によっては共起しにくい場合もあり、使用上、一定の制限を受けている。連体修飾節においても強い描写性を保っており、静的状態の持続を表現することができる。ただし動作過程を捉える場合は、所定の形式によって表現することになり、「着」のように繰り返す形で用いることは許容されない。
Full-Text

https://aue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5834&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

Number of accesses :  

Other information