Departmental Bulletin Paper ヴィゴツキーの発達理論から見た算数・数学の授業における練り上げの重要性-小学校2年生かけ算の単元の実践の考察を通して-
The Importance of Elaboration in the Lesson of Mathematics from the Viewpoint of Vygotsky Development Theory ―Through Consideration of the Practice of the Multiplication in Second Grade at Elementary School―

小池, 嘉志

4pp.101 - 110 , 2016-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科 共同教科開発学専攻
ISSN:2187-7327
NCID:AA1262681X
Description
今日の算数・数学の授業において多く実践されているのが、問題解決の過程を取り入れた授業である。中でも練り上げは、自力解決により得られた解決のうち、いくつかの代表例をもとに、その解決に至った着想から、表現に至るまでを話し合うことによって、より洗練された考えへと練り上げていく活動であり、問題解決的な授業の核とも言われている。本稿では2年生かけ算の単元での実践における望ましい子どもたちの姿の表出について、ヴィゴツキーの発達理論をもとに考察し、その要因を明らかにすることによって、練り上げを中心に据えた授業設定の重要性を示すことを目的とした。その結果、子どもたちの概念形成において練り上げは必要不可欠であり、練り上げの持つ機能として、社会的相互作用による、納得の伴った深い理解と主体的な学習の演出という二つの重要な役割があることが明らかになった。それとあわせて、指導内容における発達の最近接領域を特定し、授業を通して一人一人にそれが構成されるよう意図的な指導を行っていくことの重要性を示すことができた。
In lessons of mathematics at elementary and second junior schools, problem solving is considered as effective and well-practiced method in Japan. Neriage is core of the process of problem solving, which is the process of expanding on some of the ideas from students, discussing and refining them. In this paper, the author described the lesson of multiplication in second grade at elementary school and analyzed it based upon the Vygotsky's development theory. It is found that Negiage is necessary for children's concept formation and has two important roles by interacting with other students, i.e., deep understanding with an agreement on those processes and independent learning. And, the author found that it was important to identify the Zone of Proximal Development according to the teaching content and to instruct intentionally with focusing on each student's zone of proximal development in class.
Full-Text

http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/6632/1/kaihatsu4101110.pdf

Number of accesses :  

Other information