Departmental Bulletin Paper 樹木センサスデータを活用した生物多様性教育の方法-森林模型制作による探究テーマの発見-

小南, 陽亮  ,  村松, 悠矢

4pp.81 - 88 , 2016-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科 共同教科開発学専攻
本研究は、学術目的の森林センサスデータを利用した森林模型の制作によって、学校教育において生物多様性を科学的に探究する方法の開発を試みた。日本において自然環境の保全を考える上で森林は重要な植生であり、生物多様性についての社会的な理解を広めるためには、森林に生息する生物の生態や森林が維持・変動する仕組みを学習することが必要である。そこで、本研究では、樹木センサスデータを活用した生物多様性教育のモデル開発を目的として、森林の構造・動態を学習できる模型を考案し、模型の制作を行って森林についての探究テーマを発見する講座を、中学校生徒を対象に行った。模型制作には、静岡市内の二次林と宮崎県綾町の照葉樹林で学術目的で観測されたデータを使用した。模型の材料には、学校教育で使用できる安価なものを選んだ。模型制作では、対象とした2箇所の森林それぞれについて、10m × 10m の区画に相当する模型を作成し、9区画分の模型を組み合わせて、30m×30mに相当する森林を再現した。樹木については、種名、分布、樹高、生育型の4つが表されるようにした。講座では、観測した森林に関する基本的な事柄を説明したのみであったが、受講者全員が複数の探究テーマをみつけることができた。発見したテーマは、生育型の構成について5テーマ、分布のパターンについて5 テーマ、樹高の違いについて3テーマ、種毎にみられる傾向について3テーマ、人間との関係について4テーマ、その他4テーマの計23テーマに整理された。これらのテーマを探究することは森林の構造と動態、および生物多様性の理解に結びつくと考えられ、学校教育において森林模型の制作が科学的な探究の教材になりうると見込まれた。本研究で試みた学習が広く普及するためには、発見したテーマを探究するプログラムの開発が今後の課題となる。さらに、学校教育においてわかりやすく利用できる形式の学術データが必要であるため、研究機関による教育利用目的でのデータ公開が進むことも求められる。
In this study, we aim to develop a method of researching biodiversity in school education by making a forest diorama from scientific data of tree census. Forests are important vegetation for conservation of nature in Japan. Therefore, learning of wildlife ecology in forests and functions of forest ecosystem is necessary to broaden public understanding of the biodiversity. To develop a model for biodiversity education, we devised a diorama for a simulation of forest stand structure and dynamics, and conducted a lecture on finding inquiry themes in making the diorama to junior high school students. The data of trees in the diorama was collected from scientific databases of tree censuses in a secondary forest of Shizuoka and a naturallucidophyllous forest of Aya, Miyazaki Prefecture. Inexpensive materials were selected for the diorama, which were easily used in school education. For each two forests, nine small dioramas (1/100 scale) of 10m x 10m quadrat were made and combining the small dioramas constituted a large diorama of 30m x 30m. Species, height, growth form, and distribution in quadrat were shown for each tree in diorama. We explained the location of two forests and meanings of secondary forest and natural forest to the students, but no background information about the point under consideration for forest stand structure and dynamics was presented. In such a situation, all students could find several inquiry themes in making the diorama. Twenty-three subjects were collected in total and those were classified as five subjects about composition of growth form, five about distribution patterns, three about differences of tree height, three about tendencies in each species, four about human impacts, and four about the others. It is considered that researching those subjects may lead to understanding of the biodiversity, and the forest diorama in this study can be useful as a learning material for scientific research of forests in school education. Development of programs researching subjects observed in this study is a future issue for spread of an educational model for forest biodiversity. Scientific data that is easy to understand in school education will be essential to learning in making forest diorama. Therefore, it is also necessary to open scientific data of many forests for educational purposes by research institutions.

Number of accesses :  

Other information