Departmental Bulletin Paper 小学校高学年児童における学校内の危険な場所の評価と特定について
Evaluation and Specification of“ Danger” under the Unusual Condition to Primary School

河合, 美保  ,  村越, 真

4pp.23 - 31 , 2016-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科 共同教科開発学専攻
ISSN:2187-7327
NCID:AA1262681X
Description
本研究の目的は小学校高学年児童(5年・6年)の「危険」の特定・評価・環境構造の差について学年による違いを捉えることである。実験は小学校内の工事が施工されている校舎や校庭及び工事箇所ではない学校内の危険な場所と考えられる場所の写真及び平面図をみて、危険度の評価、一番危険な場所の特定、なぜ一番危険だと考えるかの理由について尋ねた。結果は危険度の評価については学年差が見られる場所が存在した。一番危険な場所の特定については写真課題では学年差は見られず工事現場と明確な区切りのない場所の写真が選ばれた。平面図課題では危険な場所の指摘については学年差が見られなかった。一番危険だと考える場所については、学年差に関する有意傾向が認められた。以上から6年生は危険な場所はあっても自分が立ち入る場所には危険はないということを認識している子が多いが、5年生にはそのような考え方はほぼ見られず、6年生は危険に対してのメタ認知が働いているのではと推測される。このような危険に対するとらえ方の違いが学年差として現れる結果となったと思われる。
The purpose of this study is to be investigated finding and evaluation“danger” to Primary School Student.An experiment saw a picture of the dangerous location in the schoolhouse where construction in the elementary school is built and the school which aren't school grounds and a construction part and the considered place and a plan and asked about specification and a reason of whether you think why it's most dangerous of the value of the dangerous degree and the most dangerous location. The place where the grade difference is seen existed in a result about the value of the dangerous degree. The grade difference wasn't judged by a picture problem about specification of most dangerous place, and a picture of the construction site and the place where I have no clear ends was chosen. The grade difference wasn't judged by a plan problem about comment of dangerous place. The significant tendency about the grade difference was admitted to be most dangerous about a considered place.
Full-Text

http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/6627/1/kaihatsu42331.pdf

Number of accesses :  

Other information