Departmental Bulletin Paper 19世紀アメリカのハイスクールにおける「自然誌」の変遷過程の研究
A Historical Study on the Natural History Education of American High School in the 19th Century

日髙, 翼

4pp.69 - 79 , 2016-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科 共同教科開発学専攻
ISSN:2187-7327
NCID:AA1262681X
Description
本研究は19世紀のアメリカ合衆国におけるハイスクール科目である「自然誌」(natural history)の成立から衰退に至るまでの歴史的変遷過程を解明するものである。当時の「自然誌」教科書を、学習のねらい、学習方法、学習内容の3観点から検討した。その結果、「自然誌」は1824年にカリキュラムに導入されてから19世紀を通してハイスクールで提供され続け、その教科書の学習内容は時代と共に動物界を扱う割合が高まっていったこと等が明らかになった。「自然誌」の成立、変化、衰退に関わる諸要因を当時の社会・科学・教育の状況や思想との関わりの中で考察を行ったところ、当時の科目としての「自然誌」と学問としての自然誌はその捉え方に大きな差異が認められること、当時の「自然誌」がハイスクールにおいて事実上「動物学」(zoölogy)の役割を担っていた可能性が高いこと等、従来の通説にはなかった新たな知見がいくつか示された。
The purpose of this study is to trace the historical development of aims, methods of teaching and learning contents of“ natural history” in American high schools in the 19th century. As a result, it was revealed that the course continued to be offered in high school though the century after having been introduced the curriculum in 1824, and the proportion of the learning contents dealing with animal kingdom increased gradually. These results were different from common view, that is, there was gap between “academic natural history” and “natural history as a science course”, and “natural history” was similar with “zoölogy” in content, and so on. Finally, the course of the change in learning contents was interpreted from the views of social condition, trend of educational thought, and scientific development.
Full-Text

http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/6625/1/kaihatsu46979.pdf

Number of accesses :  

Other information