Departmental Bulletin Paper 米国における Doctor of Education プログラムとの比較から見える共同教科開発学の特性
Distinctive Features of Cooperative Doctoral Course in Subject Development (CDCSD) through the comparison with Doctor of Education Programs in the US

新保, 淳  ,  高根, 信吾  ,  長倉, 守  ,  白畑, 知彦

4pp.185 - 192 , 2016-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科 共同教科開発学専攻
ISSN:2187-7327
NCID:AA1262681X
Description
本研究の目的は、2点ある。1点目は、アメリカの3つの大学の教育学部博士課程に設置されているDoctor of Education、いわゆる、Ed.D. について、その担当者の方々にインタビューすることで、実態を調査し、運営者達は、Ed.D. プログラムをDoctor of Philosophy (Ph.D.) とどのように差別化しているのか、そして、どのような教育方針を持ち、学生を受け入れ学位を与えているのか把握することである。2点目として、アメリカでの調査結果を基に、本共同教科開発学専攻との教育・運営方針を比較検討し、本専攻の大きな特色の1つである、「日本の教員養成課程ではこれまで別々に捉えられていた感のあった教科専門、教科教育、教職専門を融合し、新たな学問領域を構築する」という方向性の妥当性を主張することである。
There are two purposes in this study. The first one is to find out how the college staff involving Doctor of Education programs in America draw a line between an Ed.D. program and a Ph.D. program as well as what kind of educational policies they have to carry out the program successfully. We investigated these issues by interviewing professors responsible for the Ed.D. programs at the three universities in America: University of Southern California, University of California at Los Angeles and University of Hawaii at Manoa. We reported the interview results in this paper. Based on the interview results, our second purpose is to insist that our course of action in CDCSD is correct. Our Doctor of Education (DoE) Program has integrated three academic areas, which are domain of specialized fields, domain of how to teach subjects, and domain of general pedagogics, into one academic field, Subject Development.
Full-Text

http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/6620/1/kaihatsu4185192.pdf

Number of accesses :  

Other information