紀要論文 大学の全学共通科目における特別支援教育関連科目の開講状況 -全国の実態および総合大学教育学部の実践の検討-
Lecture of Special Support Education as Subjects for General Education at Universities -Survey of Actual Situations and Curricula at the Faculty of Education in the Universities-

岩田, 吉生  ,  青柳, まゆみ

12pp.47 - 56 , 2016-03 , 愛知教育大学障害児教育講座
ISSN:1883-3101
NII書誌ID(NCID):AA12153820
内容記述
本研究では,大学の全学共通科目における特別支援教育関連科目の開講状況を調査し,講義内容・形態,指導上の工夫,課題等について検討することを目的とする。尚,研究Ⅰは,日本教育大学協会・全国特別支援教育研究部門の会員が所属する大学71大学(国立大学52大学,私立大学19大学)を対象とし,「特別支援教育に関する講義」の開講状況に関して,「教職に関する教育科目」または「教職に関する教育科目以外」で必修化している国立大学は,40校中22校(55.0%)に上り,国立大学の半数以上で,特別支援教育に関する講義が必修化されていることがわかった。研究Ⅱは,国立大学の3大学の教育学部を対象に,国立総合大学の教育学部における特別支援教育関連科目の開講状況について調査した。その結果,3大学で,特別支援教育を専門とする専任教員によって必修または選択の特別支援教育の講義が開講されていた。特別支援教育が主専攻ではない学生たちも特別支援教育の基礎を学び,理念・教育制度,指導・支援の方法等の理解を深めていることが明らかにされた。
本文を読む

http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/6417/1/shofuku124756.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報