Departmental Bulletin Paper 危険予知トレーニング(KYT)シートによるトレーニングは、リスク特定・対応スキルを向上させるか
Does Risk Prediction Training Using KYT Sheets Improve Skills of Risk Identification and Judgment of Risk Treatment?

村越, 真

3pp.35 - 45 , 2015-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科 共同教科開発学専攻
ISSN:2187-7327
NCID:AA1262681X
Description
大学の講義・実技において、KYT シートを利用した危険予知トレーニングの効果を検証した。研究1では特別活動論の受講生を対象に、自然体験活動をテーマとしたKYT シートによるリスク特定、リスク評価、リスク対応の3課題による事前・事後テストが実験群と統制群に対して行われた。実験群に対しては、その間2回の授業でのトレーニングが行われた。研究2では基本体育の受講生に対して、事前・事後テスト、1回のトレーニングと毎回の実技での危険予知を含んだツールボックスミーティングが実施された。リスク評価とリスク対応は、自然体験活動の熟達者のそれと比較した。その結果、研究1では実験群は統制群より事後に有意に多いリスク特定を行う一方、リスク対応については、リスクをより保有する傾向にあった。一方研究2では、事後テストの成績は研究1の統制群より劣っていたが、安全行動に関する意識は事前に比べ向上していた。自然体験の中でのリスクと課題の性質、およびトレーニングの内容を踏まえて、トレーニング効果が検討された。
This study investigated the effect of Risk Prediction Training using KYT sheets in university course and exercise. In Study 1, the task of risk identification, risk evaluation, and risk treatment were conducted in the course of extra curriculum with KYT sheets, which illustrated various outdoor activities both for the experimental group and the control group. Three hours of training was also conducted only for the experimental group. The result was compared with that of experts. The results indicated that the experimental group identified more risk whereas they retain risk more than the control group at the post-test in Study 1. On the contrary, the participants of Study 2, who took a course of outdoor activity identified less risk than the control group of Study 1, but they were more conscious of risk and safe behavior at the end of the course compared to the beginning of the course. The effect of training was discussed from the view point of risk in the nature, characteristics of the tasks, and contents of training.
Full-Text

http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/6112/1/kaihatsu33545.pdf

Number of accesses :  

Other information