紀要論文 校庭において秋冬季の果実木を訪れる鳥類を観察する方法と観察による学習内容
An Observation Method of Birds visiting Fruiting Trees in a Schoolyard from Fall to Winter and Learning Contents from the Observation

小南, 陽亮  ,  青木, 啓一郎

3pp.101 - 112 , 2015-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科 共同教科開発学専攻
ISSN:2187-7327
NII書誌ID(NCID):AA1262681X
内容記述
学校教育において身近な自然における野外観察の対象となっている生物は主に植物と昆虫であり、鳥類が活用されている例は少ない。その理由としては、速い移動速度や強い警戒心など観察を難しくする特性を鳥類がもっていることが考えられる。そこで、本研究は、秋冬季において校庭に植栽された果実木(鳥類に採食される果実をつける樹木)を訪れる鳥類ならば観察が可能であると予想し、学校教育においてその観察が可能であるか否かを解明することを目的とした。データ収集では、校庭に植栽されることが多い果実木としてサンゴジュ、イヌマキ、ムクノキ、クスノキ、ヒサカキの5種を選び、調査対象木とした。次に、調査対象木を定点観察し、9月〜12月にその樹木を訪れる鳥類の種名や滞在時間などを記録した。得られたデータから、調査対象木を訪問した鳥類の種構成、滞在時間の長さ、訪問する時間帯、訪問時の行動についての傾向を分析し、調査対象木における鳥類の観察のしやすさを評価した。その結果、調査期間中に対象木を15 種の鳥類が訪問し、ヒヨドリとメジロが多く観察された。樹種別では、クスノキを訪問した鳥類の種数と個体数がいずれも最も多く、ヒサカキでは訪れた鳥類の個体数が他樹種よりも著しく少なかった。クスノキでは、観察1時間当りの累積滞在時間と観察1時間当りの訪問個体数が顕著に多かった。調査対象木を訪問した鳥類の行動については、どの樹種でも果実を採食する行動が最も多く、採食を行う訪問では平均で2 分間の滞在が観察できた。調査対象木を訪問する時間帯については、ヒサカキ以外の樹種では訪問が全くみられない時間帯は無かった。これらの結果から、学校教育において、1時間程度の観察でも秋冬季に校庭の果実木を訪れる鳥類を観察できる可能性が高いことがわかった。また、児童・生徒が確実に観察できるようにするためには、観察に適した樹木を選定し、身近な環境で多くみられる鳥種を確実に識別できるようにするなどの工夫が必要であることが示された。本研究は、秋冬季の果実木を利用する様子を観察することによって、生物間の相利共生的な関係や生物多様性が維持される仕組みなどを習得する学習に貢献できることを示唆した。
The biological objects of field observation in school education are mostly plants and insects, while birds are not used so much. It is plausible that birds are hardly observable for children owing to their rapid movement and cautiousness. In this study, we expect that birds visiting bird-dispersed fruiting trees in a schoolyard from fall to winter can be easily observed, and examine the possibility of using birds as observation objects. In the field survey, we chose five species of fruiting trees (Viburnum odoratissimum var. awabuki , Podocarpus macrophyllus , Aphananthe aspera , Cinnamomum camphora, Eurya japonica), which were frequently planted in schoolyards. From September to December, species of birds visiting the fruiting trees and the time they spent on the trees were recorded by fixed point observation. Analyses of the bird species composition, the length of bird visiting, the time period in which birds visited, and the behavior of birds on the trees evaluated the possibility of observing birds. Fifteen species of birds visited the fruiting trees, and Hypsipetes amaurotis and Zosterops japonica showed the most frequently visiting. Both number of bird species and total number of individuals of birds were the largest on the fruiting tree of C. camphora, and small on E. japonica . On the tree of C. camphora, the length of bird visiting per one hour of the observation time was the longest, and the number of birds per one hour was the largest. The feeding behavior was most frequently observed on the fruiting trees. The bird visiting was observed during every time period on the fruiting trees except E. japonica . In conclusion, there is a strong likelihood that one-hour observations of fruiting trees in a schoolyard from fall to winter enable children to observe birds. It is also suggested that choice of suitable trees for observation such as C. camphora in this study and facilitation of species identification for common bird species are necessary to certain observations of birds. We consider that observations of birds visiting fruiting trees can contribute to learning the significance of mutualism in the ecosystem and the conservation method of biodiversity.
本文を読む

http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/6110/1/kaihatsu3101112.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報