紀要論文 算数・数学の授業における効果的な集団討議のための理解過程に関する一考察
A Note on The Process of Understanding in Mathematical Lesson for The Efficient Discussions

小池, 嘉志

3pp.175 - 180 , 2015-03-31 , 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科 共同教科開発学専攻
ISSN:2187-7327
NII書誌ID(NCID):AA1262681X
内容記述
今日の算数・数学の授業において,最も効果的な学習過程とされているのが,問題解決の過程を取り入れた学習過程である。この学習過程は,大きくとらえれば自力解決と練り合いと呼ばれる集団思考の場面に分けられる。練り合いの場面では,いろいろな見方・考え方を出し合い深めていくことにより,その時間のねらいとする算数・数学の価値内容に迫っていく。ところが実際の授業では,自力解決から練り合いに移行する場面において,子どもたちの理解の状況は様々であり,効果的な練り合いを行うためには,練り合いの舞台に乗せる考えに対する,理解の深まりが重要である。本稿ではその場面に焦点を当て,練り合いの舞台に乗せる子どもたちの考えの取り上げ方として,発見的追跡法を提案するものである。
Today, one of the most efficient learning processes in mathematical lessons is learn how to solve problems using a certain solving process. This learning process is divided into two; solving in individuals and solving through class discussion for elaborate idea. Through the discussion, students develop their opinions to understand the question more deeply. In the actual lesson however, the process of solving problems in individuals to solving problems thorough class discussion is differ with each student's situation. In order to have efficient discussion, teachers need to help students to be ready for the discussion solving in individuals. In this paper, I focus on that process and propose the way of discovering ideas of other students.
本文を読む

http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/5907/1/kaihatsu3175180.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報