Departmental Bulletin Paper 「水と私」描画における心理的体験:描画後の対話を中心に

野口, 康彦  ,  和田, 朱音

Description
本研究では、連想刺激としての「水」に自己像である「私」を組み合わせた課題描画法としての「水と私」描画の試案を作成し、「水と私」描画によってもたらされる心理的な体験について、描画後の対話(Post Drawing Dialogue:PDD)から得られた質的データの分析をグラウンデッド・セオリー・アプローチによって行った。最終的には、①「水の根源性への想起」、②「教示への心理的反応」、③「雨の想起」、④「快感情の喚起」、⑤「アイテムの意味づけ」、⑥「描画の展開」⑦「内的世界の表出」、⑧「水の性質」、⑨「描画の世界への没入」、⑩「過去体験の振り返り」、⑪「自己との対峙」という11のカテゴリーが抽出された。描画行為及び描画後のPDDにより、描き手による水にまつわる体験やイメージが物語性をもって語られていく過程を見ることができた。
Full-Text

http://ir.lib.ibaraki.ac.jp/bitstream/10109/12769/1/20160014.pdf

Number of accesses :  

Other information