紀要論文 水景・共同性・女性原理による庭園自給圏都市の再構築に向けて:風土・人間・都市に関する一考察
Towards Restructuring Garden Cities with Self-Sufficient Lifestyle in Water Area Composed by Cooperativity and Feminine Principle : A Study on Natural Features mixed with Spiritual Features, Human Being and City

斎藤, 義則

61pp.45 - 64 , 2016-02 , 茨城大学人文学部
NII書誌ID(NCID):AA11226747
内容記述
人間とは何かから問いを発し、都市の起源を探り、風土は都市にどんな影響を与えたかを既存の代表的な文献から整理し、日本の都市社会が明治以降の近代化過程と1960年代以降の急激な都市化過程でどのように変容したかを考察した。これをふまえて、人口が急激に減少する「縮小型」社会における都市の存立要件について検討し、将来都市像として、「水景・共同性・女性原理による庭園自給圏都市」を提案した。
本文を読む

http://ir.lib.ibaraki.ac.jp/bitstream/10109/12758/1/20160003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報