学位論文 内皮依存性弛緩反応における一酸化窒素と内皮由来過分極因子の生理的バランスの重要性

神戸, 茂雄

2015-03-25
内容記述
要約のみ
Tohoku University
博士
博士(医学)
11301甲第16248号
下川宏明
本文を読む

http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/bitstream/10097/61082/1/150325-Godo-3379-0.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報