学位論文 神経作動性化学物質の胎生期曝露による成熟後の中枢影響における雌雄差の検討

平賀, 孔

2015-03-25
内容記述
Tohoku University
博士
博士(農学)
11301甲第16468号
種村健太郎
本文を読む

http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/bitstream/10097/60385/1/150325-Hiraga-1114-1.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報