Departmental Bulletin Paper ジェイムズ・ジョイス『フィネガンズ・ウェイク』 第1部第1章の概要 (3.1 〜29.36)
The Epitome of James Joyce's Finnegans Wake I, 1
ジェイムズ ・ ジョイス フィネガンズ ・ ウェイク ダイイチブ ダイイッショウ ノ ガイヨウ 3.1 〜29.36

大島, 由紀夫

Description
ジェイムズ・ジョイス著『フィネガンズ・ウェイク』の第1部第1章3ページ 1 行目から29 ページの36 行目までを訳出した。逐語的に訳した箇所もあるが、内容をくみとりながらその主意を表した箇所もあり、「概要」といった題名にした。訳出した本文は小説全体の導入箇所であり、そこには主要テーマとなる諸モチーフが暗示されている。社会や家族における闘争、主人公HCE と伝説上の人物ティム・フィネガンとの並行関係性、HCE とその家族の人物像、HCE が経験するある事件、などである。I translated into Japanese James Joyce's Finnegans Wake I.1 (3.1〜29.36). In some parts I translated it word for word, but in other parts I just gave the gist of the sentences or the paragraphs. So in naming the title I used the word ‘epitome,’ not ‘translation.’ This chapter, as an introduction of the novel, suggestively presents motifs which hereafter develop into main themes. It includes strife in society or a family, the protagonist HCE’s position parallel to legendary Tim Finnegan, HCE and his family members’ personality and character, a troublesome accident which HCE meets in his life, and so on.
東京海洋大学名誉教授
Full-Text

https://oacis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1525&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information