Departmental Bulletin Paper 魚類骨格透明標本を用いたESD の例 ̶アユの仔魚の歯を観察して生態との関係を知ろう̶
An Example of Fish Transparent Specimens for ESD (Education for Sustainable Development): to Search for Relationships between Teeth Morphology and Feeding Ecology of Ayu Plecoglossus altivelis altivelis Larvae
ギョルイ コッカク ヒョウホン オ モチイタ ESD ノ レイ アユ ノ チギョ ノ ハ オ カンサツ シテ セイタイ ト ノ カンケイ オ シロウ

河野, 博  ,  デイビッド エリック, アンマリサン  ,  石川, 新  ,  新城, 遥己  ,  小野寺, 暁  ,  手良村, 知功

Description
本研究は、透明骨格二重染色標本を海洋環境教育や理科教育を含めたESD(Education for Sustainable Development:持続的発展教育)で利活用できることを実証する事例の第三弾である。ここでは、アユ仔魚の透明標本の歯を観察することで、形態と生態を理解しようと試み、その有効性を事前と事後のアンケートにもとづいて調査した。対象としたのは、5 つのイベントに参加した16 歳から80 歳の男性29 名、女性31 名、計60 名である。プログラムは、アユの生活史、顕微鏡の使い方、透明標本の基礎知識、主題1(体長20mm 前後の個体の歯の探索)、および主題2(体長30mm 前後の個体の歯の観察)の順に進めた。プログラムの前には参加者は全員アユの仔魚に歯が生えていることを知らなかった。しかし、事後のアンケートによると、内翼状骨や基舌骨、基鰓骨などの歯を観察し、これらの歯で動物プランクトンを摂餌することを理解したと判断できた。This study is the third round in a project to utilize double stained fish transparent specimens for ESD (Education for Sustainable Development) including science, marine and environmental education. In this round, fish transparent specimens were applied to a study of the relationships between morphology and ecology through the observation of teeth in ayu Plecoglossus altivelis altivelis larvae, and its effectiveness was investigated by the preand post-intervention questionnaire. The research examined 60 participants in five learning interventions, the age ranging from 16 to 80 with a mean of 37.1 years old and the sex ratio being 31 females and 29 males. The program was composed of the followings: the life history of ayu, which is a diadromous fish migrating between the river and the sea; how to use the microscope; the basic knowledge of bones; main observation 1, searching teeth of ca. 20 mm in body length (BL) specimens; and main observation 2, searching and observing teeth of ca. 30mm BL specimens.Although no participants recognized the presence of teeth in ayu larvae in the pre-intervention questionnaire, all of them would observe the teeth on bones such as the endopterygoid, basihyal, basibranchial, dentary and upper and lower pharyngeals and understand that the larvae would seize zooplankton during their marine life by using these teeth.
河野博: 東京海洋大学学術研究院海洋環境科学部門河野博・デイビッド エリック アンマリサン・石川 新・新城遥己・小野寺暁・手良村知功: 東京海洋大学魚類学研究室
Full-Text

https://oacis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1521&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information