Departmental Bulletin Paper 中野好夫「直言する」(1942~43)について
On “Chokugen-suru.” (1942~43) by NAKANO Yoshio.
ナカノ ヨシオ チョクゲン スル 1942 ~ 43 ニツイテ

斎藤, 浩一

1942(昭和17)年10 月から翌43(昭和18)年2 月にかけて,中野好夫著「直言する」が『英語青年』誌において連載された。この全8 回にわたる記事では,主として当時の英語教師や学者たちの人間性が焦点化され,その醜態が痛烈に暴露・批判されていた。本稿は,そもそも中野がなぜこのような行動をとったのかという問題意識のもと,同時期の中野が示していた人生観や行動を分析する。そして最終的に,彼による「直言する」とは,当時の「大東亜共栄圏」の構築に伴う「思想戦」に対する,彼なりの文学者的使命感に基づく協力の一環であったことが明らかになった。つまり,この「直言する」とは,英学界を「大東亜戦争」の完遂に向けて総動員することを目的した国策協力言説であったといえる。This paper focuses on “Chokugen-suru,” which was published in Eigoseinen Magazine by NAKANO Yoshio from October 1942 to February 1943. In this sensational article, he denounced the overall authoritarian, deceptive and insidious nature of the wartime English teachers and academics in Japan. With the aim of clarifying the underlying motive of his attack on such attitudes, the paper analyzes a series of relevant discourses made by him around the time. It concludes that the article was a part of his commitment to the Thought War, the leading national ideological mobilization movement during the ‘Great East Asia War.’

Number of accesses :  

Other information