紀要論文 東京湾内湾の富津岬砂浜海岸に出現する仔稚魚
Larvae and Juveniles Collected at a Sandy Beach in Futtsu, the Inner Tokyo Bay
トウキョウワン ナイワン ノ フッツミサキ スナハマ カイガン ニ シュツゲン スル シチギョ

小出, 一也  ,  白石, 瑛子  ,  河野, 博

内容記述
This report presents the inventory of fishes collected by a small seine-net at a sandy beach in Futtsu, the inner Tokyo Bay from May to November 2005. A total of 102 specimens representing >13 species of six families were collected, the most dominant species being 36 specimens of Favnoigobius gymnauchen , followed by 24 of Gymnogobius breunigii . Both the dominant species were categorized as “resident” and transient”, respectively, and other species as “passers-by and strays” in the life-style category.
東京湾内湾の富津岬の砂浜海岸で2005 年5 月から11 月にかけて小型地曳網で採集された魚類の種類と大きさ、および生活史型と利用様式の調査結果を資料として示した。総計で102 個体13 種以上の魚類が採集された。最も多かったのはヒメハゼの36 個体で、次いでビリンゴの24 個体であった。これら2 種は各々滞在型と一時滞在型であったが、他の11 種は通過・偶来型であった。
小出一也, 白石瑛子, 河野 博: 東京海洋大学魚類学研究室
河野 博: 東京海洋大学大学院海洋科学系海洋環境学部門
本文を読む

https://oacis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1262&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報