紀要論文 魚類骨格透明標本は海洋環境教育―海の中の「食う・食われる」を覗いてみよう―に有効である
Fish Transparent Specimens Are Effective in Marine Environmental Education: Observing Prey-predator Relationships in Coastal Waters
ギョルイ コッカク トウメイ ヒョウホン ワ カイヨウ カンキョウ キョウイク ウミ ノ ナカ ノ クウ クワレル オ ノゾイテ ミヨウ ニ ユウコウ デアル

河野, 博  ,  谷田部, 明子  ,  加瀬, 喜弘  ,  齊藤, 有希

内容記述
The transparent specimens originally developed for the observation of skeletal system were applied to the marine environmental education to learn the food chain in coastal waters, and its effectiveness was investigated by the pre- and post-intervention questionnaire. The research examined 41 participants in the three learning interventions, the age ranging from 14 to 73 with a mean of 30.6 years old and the sex ratio being 18 females and 23 males. The program was composed of the ice break, plankton observation, intestinal-contents observation by using transparent specimens, and summary lecture. After the intervention, participants were significantly more concerned about plankton and the relationships between our life and coastal waters. Free descriptions appeared that the participants admired the variety of plankton, picturesque transparent specimens, and direct observation of “prey-predator” relationships. The transparent specimens were thus concluded to be helpful for learning the“ preypredator” relationships in coastal waters.
透明骨格二重染色標本が、沿岸域の「食う・食われる」の関係を知るためのツールとして有効かどうかを、事前と事後のアンケートによって調査した。対象としたのは3 つのイベントに参加した14歳から73 歳までの男性23 名、女性18 名、計41 名である。プログラムはアイスブレークとプランクトンの観察、透明標本の観察、そして最後に講義をおこなった。すべての質問項目で、事前よりも事後の方が「好き」とか「知っている」というポイントが高くなった。さらに自由記述では、プランクトンの多様性や透明標本の美しさ、さらには透明標本の消化管の内容物に観察した動物プランクトンを見つけたことに驚いている様子がうかがえた。したがって透明標本は、「食う・食われる」といった食物連鎖を学ぶ教材として有用であると判断された。
河野博: 東京海洋大学大学院海洋科学系海洋環境学部門
河野博, 谷田部明子, 加瀬喜弘, 齊藤有希: 東京海洋大学魚類学研究室
本文を読む

https://oacis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1258&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報