会議発表論文 被服デザイン設計の知見に基づいたソフトパワーサポートスーツの試作

阿部, 智輝  ,  Abe, Tomoki  ,  古泉, 祥一郎  ,  Koizumi, Shoichiro  ,  難波江, 裕之  ,  Nabae, Hiroyuki  ,  遠藤, 玄  ,  Endo, Gen  ,  鈴森, 康一  ,  Suzumori, Koichi

内容記述
本研究では,体型計測を元に被服を製作する手法をアシストスーツに適用することで,身体形態に即したアシストスーツを開発したことを報告する.これによって,従来のアシストスーツの課題であった装着時の負担の軽減と装着具のズレの軽減の両立を目指した.被服デザイン設計を活かしたソフトパワーサポートスーツの開発を行うために,計測,設計および試作を行い,試作を行ったサポートスーツについて,動作試験を行ったことを報告する.
We developed prototype of the soft power support suit based on knowledge of clothing design. The concept makes it possible to realize power support suits that decreases the deviation of the mounting point and the burden during wearing. Based on the concept, the soft power support suit was prototyped and an operation test was conducted.
本文を読む

http://t2r2.star.titech.ac.jp/rrws/file/CTT100768441/ATD100000413/submit_re.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報