Journal Article 生活表象からみた都市住宅地の水環境に配慮した外構のあり方

那須, 聖  ,  NASU, SATOSHI  ,  齋藤, 哲也  ,  村田, 涼  ,  murata, ryo  ,  金子, 晋也  ,  kaneko, shinya

Description
本研究は、住民による水環境に対する理解が生活環境へ表象されたものとして戸建て住宅の外構を捉え、外部の生活環 境における自然と人工の混在した構築環境のあり方を考察したものである。第一に、現在の水環境に関する制度の分析か ら、事業、設計、活用の各主体の関わり方を考察し、住民の住宅外構との関わり方を明らかにした。第二に、温暖地と積 雪寒冷地の住宅地の現地調査を行い、両者を比較することで外構の構成要素とその特性を明らかにした。第三に、前二者 の結果を踏まえてデザインワークショップを行い、住宅外構と水環境の関係についての解釈を行なった。以上を踏まえて、 水環境に配慮した住宅外構の図式を明らかにした。
This study discusses outside space design in urban residential area rerated to water environment from the viewpoint of living image. Firstly, institutional factors of water environment were analyzed, there are difference between factors in the way for getting involved to outside space. Secondly, through a field survey of a temperate region and a cold snowy region, elements of outside space and those characteristics were clarified. Thirdly, based on the analysis and the field survey, design workshop was held on. As the result, it is revealed that a scheme of outside space design for considering water environments.

Number of accesses :  

Other information