会議発表論文 高密度ポリマーブラシ上でのネマチック液晶の極角アンカリング強度

矢澤, 健太  ,  Yazawa, Kenta  ,  岩田, 直人  ,  Iwata, Naoto  ,  佐藤, 治  ,  Sato, Osamu  ,  戸木田, 雅利  ,  Tokita, Masatoshi

内容記述
本研究では、ガラス転移温度の異なるポリメチルメタクリレートやポリへキシルメタクリレート、ポリスチレンブラシなどの表面におけるネマチック液晶の極角アンカリング係数を測定し、ポリマーのガラス転移温度やブラシのグラフト密度、膜厚が極角アンカリング係数に与える影響を調査した。
We examined the polar anchoring coefficient (Aθ) of nematic liquid crystal (NLC) on poly(hexyl methacrylate) (PHMA) brushes by the Freedericksz transition method. On PHMA brushes with 40 nm in thickness and at a density (σ) of 0.4 chains/nm2, the NLC exhibited an Aθ value of 2.2 × 10-5 J/m2, which is 1/40 as much as polyimide (PI). The Aθ increased with increasing the σ up to 0.1 chains/nm2 and then approached 1 × 10-5 J/m2 with further increasing σ to 0.7 chains/nm2.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報