Conference Paper 有限要素解析を用いたポーラスアルミニウムのせん断影響下における曲げ特性に関する研究

中川, 理仁  ,  Nakagawa, Rihito  ,  Triawan, Farid  ,  Triawan, Farid  ,  因幡, 和晃  ,  Inaba, Kazuaki  ,  岸本, 喜久雄  ,  KISHIMOTO, KIKUO

Description
有限要素解析によりポーラスアルミのせん断影響下の曲げ剛性を評価した.2次元ポーラスモデルに対し,3点曲げと振動の解析を行い,それぞれの曲げ剛性プロットを実験結果と比較した所,実験と同様,せん断影響下の曲げ剛性がティモシェンコの理論より小さくなることを確認した.また,相対密度を変更させ,せん断影響下の曲げ変形を比較した.相対密度が小さい場合,各セルエッジに局所的な変型がみられ,純粋なせん断変形と異なる変形を確認した.この変形の相違がせん断影響下の曲げ剛性の減少につながることが示唆された.

Number of accesses :  

Other information