学術雑誌論文 雑誌「農業と経済」にみる都市と農村の交流に関わる用語の変遷

小山, 環  ,  Koyama, Tamaki  ,  十代田, 朗  ,  SOSHIRODA, AKIRA  ,  津々見, 崇  ,  TSUTSUMI, TAKASHI

内容記述
本研究では、農業・農村分野の専門誌「農業と経済」を対象として、都市と農村の交流を指す用語と定義を抽出し、時代を追って変化を分析した。その結果、主に「観光農業」「交流」「農村リゾート」「グリーン・ツーリズム」「農村ツーリズム」の5つの用語が使われており、「交流」は後に登場する「グリーン・ツーリズム」「農村ツーリズム」を包含する概念として定着していること、自然だけではなく文化や人との交流を含むものへと変化し、都市住民のニーズへの対応から農村の地域づくりへと視点の変化がみられること等が明らかとなった。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報