会議発表論文 ブロックチェーンにおける本人性確認の方法に関する考察

永田, 和之  ,  Nagata, Kazuyuki  ,  李, 中淳  ,  Lee, Joong-sun  ,  福田, 賢一  ,  Fukuda, Kenichi  ,  岩丸, 良明  ,  Iwamaru, Yoshiaki  ,  庭野, 栄一  ,  Niwano, Eikazu  ,  谷内田, 益義  ,  Yachida, Masuyoshi  ,  平良, 奈緒子  ,  TAIRA, NAOKO  ,  鈴木, 裕之  ,  SUZUKI, HIROYUKI  ,  小尾, 高史  ,  OBI, TAKASHI  ,  大山, 永昭  ,  ohyama, nagaaki

2017-DPS-170 ( 19 )  , pp.1 - 6 , 2017-02 , 情報処理学会
ISSN:2188-8906
内容記述
Blockchain is the technology that has data structure with anti-tampering and ensures high availability and integrity of the data which is verified and archived in a distributed network, and it is expected to be practically applied in a wide range of fields. Under such circumstances, aiming to contribute to the creation of new services using blockchain technology, we presented a basic method and procedure for identity verification of users in blockchains, utilizing the public certification service for individuals in Japan, called Japanese Public Key Infrastructure (JPKI).
ブロックチェーンは,分散型ネットワークにおいて,改ざんが困難なデータ構造を有するデータを検証及び保存することによって当該データの高可用性及び完全性を担保する技術であり,様々な分野での応用が期待されている.本稿は,ブロックチェーンを活用した新しいサービスの創出に資するよう,ブロックチェーンのユーザの本人性を確認する方法として,公的個人認証サービス (JPKI) を利用する場合の基本的な考え方及び処理手順について考察した.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報