Journal Article 日本における環境配慮型建築の設計プロセスにおけるコミッショニングの実態

川島, 範久  ,  Kawashima, Norihisa  ,  高木, 理菜  ,  Takagi, Rina  ,  高橋, なつみ  ,  Takahashi, Natsumi  ,  安田, 幸一  ,  Yasuda, Koichi

81 ( No. 728 ) 2016-10 , ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN , 日本建築学会
Description
To realize a “green building”, the commissioning process of designing is vital. Projects adopted in the sustainable building pilot program were investigated by interviewing designers, engineers and consultants. Commissioning works such as various goal settings, responding to the index standards and certification systems, utilization of computational simulation and measurement technique could be seen during the design process. Designers and engineers are expanding their expertise to assess environmental aspects, while collaborating with consultants to create sophisticated simulations and measurements in their design. However, international standards such as performance intentions and analysis in early design phases were unaccomplished in several projects.
環境配慮型建築の実現のためには、設計プロセスにおけるコミッショニングが肝要であるという観点から、日本における先導的プロジェクトの設計プロセスの実態を把握するため、国交省による省CO₂先導事業に採択されたプロジェクトの設計者及びコンサルタントへのインタビュー調査を行った。これらの事例においては、目標設定、基準や制度への対応、解析や効果実測等、コミッショニングに関する業務が多く行われており、それらの業務は設計者自身が職能を拡張して行われることもあれば、コンサルタントとの協働によって行われることもあった。一方、国際的規格が推奨しているような、設計初期からの性能数値目標の設定と解析による検討が十分には行われていない事例も見られた。今後日本において適切なコミッショニングが行われていくためには、コミッショニングの重要性に対する認識、適切な基準や解析ツールの整備、業務に対する適切な評価等が望まれる。

Number of accesses :  

Other information