会議発表論文 有限次数の空間結合MacKay-Neal符号が2元消失通信路の通信路容量を達成することの証明

岡崎, 卓弥  ,  Okazaki, Takuya  ,  笠井, 健太  ,  Kasai, Kenta

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報