会議発表論文 全光符号化技術の実現に向けた光XOR回路の動作特性の実験的検証

相川, 洋平  ,  Aikawa, Yohei  ,  植之原, 裕行  ,  Uenohara, Hiroyuki

2016-03
内容記述
モバイルネットワークサービスの発展を受け,フォトニックネットワークの更なる大容量化が求められている.これを受けて信号帯域のデフラグメンテーション技術が提唱されているが,信号間クロストークの動的変化といった新たな課題が懸念されている.これに対して筆者らは,光パスネットワークでの雑音変動を解決する技術として,光誤り訂正技術の適用可能性を検討している.以前,畳み込み符号を対象として光XOR(eXclusive OR)回路からなる光符号化回路に対して解析的検討を行い,10Gbps 動作の実現性に関して報告を行った[1].その際に,光XOR 回路が全体性能に影響を与えることが分かったが,動作性能の詳細に関する実験的報告は少ない.今回,光XOR回路を対象として入力光強度に対する出力信号特性の評価を行ったので,その結果について報告する.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報