Journal Article 日本の留学生教育の質保証とシステムの課題―ベトナム人留学生の特徴と送出し・受入れ要因の分析から―

佐藤, 由利子  ,  Sato, Yuriko  ,  堀江, 学

(No. 20)  , pp.93 - 104 , 2015-12 , Japan Association for International Student Education , 留学生教育学会
Description
The purpose of this study is to analyze the characteristics and push and pull factors of the rapidly increasing Vietnamese students in Japan and to discuss the emerging issues. As a result of the analysis, the students from Vietnam have a tendency to have less support from their families and to do more part time jobs than the students from other countries. The percentage of those who study in special training colleges amounts to 53% among the Vietnamese students in higher educational institutions in Japan.In the background of these phenomena, there are issues of quality assurance of education of the Japanese language educational institutions, connection to university education and recruit and selection of students overseas. It is necessary to take measures to tackle these issues in order to recruit well qualified students and to maintain the reputation of study in Japan.
本研究では,近年急増しているベトナムからの日本留学生について,他国出身者と比較した特徴を把握した上で,ベトナムからの送り出しと日本での受け入れ状況を分析し,同国をはじめとする,非漢字圏で所得水準が低い国々からの留学生増加によって表面化している日本の留学生教育及び受け入れ体制の課題を抽出し,政策的示唆を導くことを目指す。分析の結果,ベトナム人留学生は,他国出身者より仕送りが少なく,働きながら学ぶ者が多い傾向があり,専修学校在籍者が53%に上ることが判明した。その背景には,①日本語教育機関における教育の質保証,②大学教育との接続,③海外で学力,経済力のある学生を募集・選抜する仕組みの3点において課題があると考えられる。これらの課題を解決するためには,日本語教育機関の教育の質保証制度の整備,大学教育との接続を高めるための方策,海外で優秀な学生を募集・選抜するための体制構築が必要と考えられる。
Full-Text

http://t2r2.star.titech.ac.jp/rrws/file/CTT100702742/ATD100000413/佐藤・堀江(2015)留学生教育第20号 p93-104.pdf

Number of accesses :  

Other information