Journal Article 我が国における広域的サイクルツーリズム推進の実態に関する研究

兒玉, 剣  ,  Kodama, Ken  ,  十代田, 朗  ,  SOSHIRODA, AKIRA  ,  津々見, 崇  ,  TSUTSUMI, TAKASHI

50 ( No. 3 )  , pp.1130 - 1136 , 2015-10
ISSN:2185-05930916-0647
Description
In Japan, a certain number of municipalities are promoting their tourism by bike, which is generally called “cycle tourism”. This study focuses on promotion of cycle tourism that is carried out by plural municipalities, and aims to reveal the characteristics of them such as body, activities. The results are as follows; Despite of construction of long cycling road is not completed in many areas or inaugurated roads are not well maintained, they can be helpful to promotion. Case study of 3 areas shows the importance of improvement of riding space for bicycles. To increase the number of shops and hotels for cyclists, cycle tourism organization has to develop their human resources and enlighten people to understand the cycle tourism.
本研究は複数自治体によるサイクルツーリズム(以下CT)の振興策に着目し、その内容や参加主体、課題等を考察し、CT振興に向けた知見を得ることを目的とする。分析の結果、ハード整備の端緒である大規模自転車道は4割が未完成で、半数が工事開始から30年を経過し、45路線が完成時期未定等、展望がはっきりしないこと、また完成路線でも維持管理が不十分な路線があることが分かった。次に、12県で22の協議会が存在し、13県で31事業が行われているが、恒常的に活動実態があるものは16エリアであった。そのうち12エリアと、協議会や事業のない12県において、大規模自転車道が広域的なCT振興の核になっている可能性が窺えた。更に、CT客向けの休憩施設や宿泊施設などが多様に関わっている先進地域のうち奈良県・しまなみでは、大規模自転車道が振興の上で重要な役割を担っているが、安全な走行空間の確保が課題となっている。加えて施設に関しては、協議会や県が持つ既存の連携を活用した網羅的な配置が可能となっているが、前者は自転車の故障へ対応できる人材育成、後者は施設によるCTへの理解を深める取組みが必要であることが分かった。

Number of accesses :  

Other information