学術雑誌論文 イベントによる海岸の利活用に関する研究 - 千葉県沿岸市町村を事例として-

前河, 一華  ,  Maekawa, Ichika  ,  十代田, 朗  ,  SOSHIRODA, AKIRA  ,  津々見, 崇  ,  TSUTSUMI, TAKASHI

50 ( No. 3 )  , pp.1137 - 1144 , 2015-10
ISSN:2185-05930916-0647
内容記述
This study focuses on events held in the coast in Chiba Prefecture in attempt to clarify characteristics of those events and clarify relationships between those and characteristics of municipalities. The results are as follows: (1) Events held in the coast are highly diversified in terms of contents but also the places they held on. (2) The number of those events are on the increase and being equalized in a year. (3) Events held by municipalities tend not to actively utilize the characters of the sea. (4) Each municipality can be classified under 5 clusters, according to the contents and the purpose and the place of events. (5) It is necessary for events that actively utilize the characters of the sea to have a central facility rather than to have many worthwhile resources. Without facilities, the consistency of events and municipalities' principles is important for utilizing the characters of the sea.
本研究は、海離れが懸念される我が国において、気軽に足を運べる機会としての海沿いのイベントの現状について知見を得ることを目的とする。都心に近く海岸線の多様な千葉県の沿岸27市町村を対象として広報紙より近年の取り組みを把握した後、ヒアリング調査を追加し、開催趣旨の分析から自治体別イベント特性を明らかにする。最後に、総合計画との比較を経て海岸利用の特徴を考察する。その結果、海岸イベントは現在(1)内容が多岐にわたり様々な海岸空間の特性が活かされており、(2)経年変化を見ると、通年化しつつ増加傾向にあるとわかる。(3)自治体主催のイベントは海岸空間の設備や広さを重視しており、海でなくともできるものが多い。市別には、(4)銚子市は〈地元資源活用型〉かつ〈開放的健康増進型〉、いすみ市と館山市は〈地元資源活用型〉、南房総市は特徴がないと判断される。(5)海ならではの要素を活用するイベントは、保持する自然資源の量との関係はあまりなく、銚子と館山では沿岸施設の存在に支えられている。(5)いすみと館山は市の方針・施策とイベント内容に整合性があり、両市違う形で海ならではの要素が活用されていることが明らかになった。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報