Conference Paper 長周期・長時間地震動における実大粘弾性ダンパーの特性評価実験

長山, 祥  ,  Nagayama, Sho  ,  佐藤, 大樹  ,  Sato, Daiki  ,  笠井, 和彦  ,  KASAI, KAZUHIKO  ,  杉山, 暢方  ,  Sugiyama, Nobumasa  ,  松田, 和浩  ,  Matsuda, Kazuhiro

Description
本論文は、実大粘弾性ダンパーを対象とした加振実験を行い、長周期・長時間地震動による温度・動的特性の変化の把握を行う。また、実大粘弾性ダンパーに対する正弦波置換法の適用性を確認する。結果より、内部の粘性体に温度上昇は見られるものの、時間経過とともに熱伝導・伝達の効果により温度が低下していくことが確認された。また、正弦波置換法において地震応答時のダンパー温度・動的特性の変化を再現でき、本手法の有効性が確認された。
Full-Text

http://t2r2.star.titech.ac.jp/rrws/file/CTT100699095/ATD100000413/Nagayama_P2-10.pdf

Number of accesses :  

Other information