会議発表論文 安全から安心・安全へのパラダイムシフト(第6報:「表出と表現」による基本的概念の明確化)

中村, 春夫  ,  NAKAMURA, HARUO

内容記述
Recently, a term of “Security and Safety” has been widely used instead of a single term of“Safety” not only in mechanical fields but also in various fields in Japan. In the previous study, itsfundamental concept is made clear by using a mathematical concept of “Projective Transformation”.In this study, clarification of its fundamental concept is attempted by using concept of “Expressionand Representation” which was submitted by G. W. Leibniz.
著者は,「安全」から「安心」へのパラダイムシフトをギリシャ語のヒポケイメノン(のちの英語のsubject(主観,主体,主語,主題)の語源)の変遷ととらえ,基礎概念の導入と定式化,“志向性概念”による基本的概念の明確化,「精神医学」の分野と工学との比較による概念の明確化,個別と一般に関する弁証法,“デデキントの切断”による基本的概念の明確化,“射影変換”による基本的概念の明確化という観点からの考察,などを行ってきている.本研究では,主としてライプニッツの「表出と表現」の考え方を参考としてその概念を明確化する.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報