Journal Article アクターモデルに基づく並行文脈指向プログラミング機構の実装と評価

竹野, 創平  ,  Takeno, Souhei  ,  渡部, 卓雄  ,  Watanabe, Takuo

33 ( No. 1 )  , pp.167 - 180 , 2016-02 , Japan Society of Software Science and Technology , 日本ソフトウェア科学会
We present the notion of concurrent context-oriented programming and its implementation method. To realize context-oriented programming in concurrent systems based on asynchronous communication such as the Actor model, one must take special care to control synchronizations among context changes and other computations. Our method uses reflection to solve the synchronization problem regarding messages that cross two contexts. In this paper, we give some preliminary evaluation results using an implementation in Erlang.
本研究で我々は並行文脈指向プログラミングの概念とその実現手法を提案する.アクターモデルのような非同期通信に基づくシステムで文脈指向プログラミングを実現する際,文脈の変化と他の計算の間の同期に注意する必要がある.提案する手法は,文脈をまたがるメッセージに関する問題を自己反映計算を用いることで解決するものである.本論文ではErlang を用いた実装とその予備評価について述べ,提案手法の有効性を示す.

Number of accesses :  

Other information