Conference Paper 科学系博物館の展示支援と学習プログラムにおける情報アクセシビリティの調査研究

生田目, 美紀  ,  Namatame, Miki  ,  寺野, 隆雄  ,  Terano, Takao  ,  江草, 遼平  ,  Egusa, Ryohei  ,  小川, 義和  ,  Ogawa, Yoshikazu  ,  小林, 真  ,  Kobayashi, Makoto  ,  溝口, 博  ,  Mizoguchi, Hiroshi  ,  楠, 房子  ,  Kusunoki, Fusako  ,  中瀬, 勲  ,  Nakase, Isao  ,  稲垣, 成哲  ,  Inagaki, Sigenori

Description
本研究の目的は,科学系博物館等における展示支援及び学習支援の現状を,情報アクセシビリティの立場から世界的規模で明らかにし,その指針と評価手法の方針を打ち出すことである.科学への憧れや理解増進を促す活動は,先進的なテクノロジ等が導入され,極めて充実したものとなってきている.しかしながら,聴覚•視覚障害者に代表される情報弱者に対しての配慮は十分とはいえない.本研究では先進的な海外の現状を調査し,博物館等の科学コミュニケーションの現場において,情報弱者が直面している諸課題を明らかにするとともに,その克服・改善のためのデザイン指針を策定することを通して,科学教育の革新に資することを目指す.

Number of accesses :  

Other information