学術雑誌論文 既設コンクリート構造物のドリル孔を対象とした塩化物イオンモニタリングセンサの設置方法の検討と性能検証

篠原, 桂介  ,  Shinohara, Keisuke  ,  千々和, 伸浩  ,  Chijiwa, Nobuhiro  ,  岩波, 光保  ,  Iwanami, Mitsuyasu

37 ( No. 1 )  , pp.925 - 930 , 2015-07 , Japan Concrete Institute , 日本コンクリート工学会
内容記述
効率的な劣化調査の実現のため,既設コンクリート構造物に削孔したドリル孔を活用し,塩化物イオンの浸透を検知するモニタリングセンサを孔内に設置する方法について検討を行った。実験によって,既設コンクリートとセンサの境界部における塩分浸透について,エポキシ樹脂の使用により物質移動抵抗性を付与できることを明らかにした。加えて,検討した設置方法を適用したモルタル供試体を用いて塩化物イオン浸透実験を行い,センサが塩化物イオンの浸透を深さ方向に検知できることを確認した。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報