会議発表論文 粘着剤のフィブリル観察に基づくはく離力の評価

柳内, 太志  ,  Yanai, Futoshi  ,  高橋, 航圭  ,  Takahashi, Kosuke  ,  因幡, 和晃  ,  Inaba, Kazuaki  ,  岸本, 喜久雄  ,  KISHIMOTO, KIKUO

内容記述
近年,多層薄膜構造体であるタッチパネルを有するスマートフォンやタブレット端末の普及に伴い,薄膜の張り合わせに用いられる粘着剤の重要度が増している.粘着剤は引きはがしの際にフィブリル(糸曳き構造)が生成されることが知られているが,このフィブリルが具体的にどのような条件下で発生し,はく離力がフィブリルの成長にともなってどのように変化するのかが分かっていない.本研究ではAFMを用い,カンチレバーにマイクロガラスビーズを取り付け粘着剤薄膜上の一点に押し込み,引き離す操作を行った.これにより一本のフィブリルを生成し,単一フィブリルに注目したはく離力の測定を行った.またAFMの顕微鏡に45°傾斜した鏡を設置し微小なフィブリルを横方向から観察することで,フィブリルが生成,成長する様子の可視化および動画の撮影を実現した.これらの結果から,フィブリルの形状とはく離力との関係を明らかにすることができた.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報