学術雑誌論文 胎動減少と胎児心拍モニター異常で緊急帝王切開となった、母児間輸血症候群(fetomaternal hemorrhage:FMH)による重症胎児貧血の一症例

榛葉, 賴子  ,  市川, 義一  ,  藤岡, 泉  ,  片倉, 慧美  ,  安達, 将隆  ,  江河, 由起子  ,  平田, 咲子  ,  服部, 政博  ,  根本, 泰子  ,  Shinba, Yoriko  ,  Ichikawa, Yoshikazu  ,  Fujioka, Izumi  ,  Katakura, Satomi  ,  Adachi, Masataka  ,  Egawa, Yukiko  ,  Hirata, Sakiko  ,  Hattori, Masahiro  ,  Nemoto, Taiko

2016 , 静岡産科婦人科学会
ISSN:21871914
内容記述
Fetomaternal hemorrhage(FMH)は、胎児血が胎盤を通して母体血に移行し、胎児貧血を来す疾患である。症例は36歳。妊娠33週4日、近医の定期妊婦健診で胎動減少を訴え、胎児心拍モニター(CTG)異常にて当院へ母体搬送された。超音波検査で胎児水腫(-)、MCA-PSV: 21.6 cm/s。BPS 2点(AFP3.4cmのみ)。CTGでsinusoidal pattern出現後、80bpmの徐脈が持続し、緊急帝王切開を施行した。児は2212gの男児、APGAR 1/3/8(1/5/10 分)。児のHb 4.9 g/dlと重症貧血をみとめ、Kleihauer-Betke法にてFMHと確定診断した。胎児貧血を来しうる疾患の鑑別、重症度判定において、胎動減少時の対応や予後不良のsinusoidal pattern、MCA-PSVの正確な計測などに、日頃から習熟している必要がある。
雑誌掲載論文
本文を読む

http://hikumano.hama-med.ac.jp/dspace/bitstream/10271/3027/1/jsog_5_1_34.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報