Journal Article 脳室拡大を呈した先天性サイトメガロウイルス感染症の1例

鈴木, 崇公  ,  徳永, 直樹  ,  向, 麻利  ,  柏木, 唯衣  ,  幸村, 友季子  ,  古田, 直美  ,  内田, 季之  ,  鈴木, 一有  ,  杉原, 一廣  ,  伊東, 宏晃  ,  金山, 尚裕  ,  Suzuki, Takahiro  ,  Tokunaga, Naoki  ,  Mukai, Mari  ,  Kashiwagi, Yui  ,  Komura, Yukiko  ,  Furuta, Naomi  ,  Uchida, Toshiyuki  ,  Suzuki, Kazunao  ,  Sugihara, Kazuhiro  ,  Ito, Hiroaki  ,  Kanayama, Naohiro

2016 , 静岡産科婦人科学会
ISSN:21871914
Description
症例は35歳、1経妊1経産の経産婦。妊婦希望で妊娠初期サイトメガロウイルス(以下CMV)抗体スクリーニング検査を行い、CMV-IgG/IgMともに陽性であった。妊娠24週の妊婦健診時、超音波検査で脳室拡大を認め、先天性CMV感染症を疑った。脳室拡大は進行せず、妊娠35週のMRI検査でも脳室拡大が確認された。妊娠38週に正常分娩となり、分娩後の尿中CMV-DNAは陽性と判明、児は症候性の先天性CMV感染症と診断された。
雑誌掲載論文
Full-Text

http://hikumano.hama-med.ac.jp/dspace/bitstream/10271/3025/1/jsog_5_1_23.pdf

Number of accesses :  

Other information