紀要論文 精神医療でチーム医療を育むことと精神分析的な視点
Bringing up the team medicine in psychiatric care psychoanalytic viewpoint

岡野,泰子

(13)  , pp.9 - 17 , 2015-03-20 , 広島国際大学心理臨床センター
ISSN:1348-2092
NII書誌ID(NCID):AA12125734
内容記述
精神分析的教育の行われていない精神科クリニックのスタッフに対して『チーム医療に必要な行動や態度』『チーム医療のあり方』を調査し,「ほどよい環境」「チームとしての抱え」「コンテイニング」といったチーム医療としての精神分析的視点が,前概念として持ち合わせられていることが推測された。「よりよい支援」という基本的な前概念である期待が,日常業務での分裂や失敗・信頼関係・喜びといった経験の現実化と結びつき,概念に統合されると考えられた。「チーム医療」を育むためには,精神分析的な教育や心理士の認識・ミーティングの存在は有用だが,「欲求不満に持ちこたえ」「知ろう」とすることが重要であり,そのためにはKline,M.の述べる抑うつ態勢で体験を得ることが重要と考えられた。
本文を読む

http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/file/12249/20151026150006/Vol.13_2.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報