Departmental Bulletin Paper 広島駅南口地下展示プロジェクト レポート2015
EKICHIKA Project - Report 2015 : A Digital Signage Project at the Underground Passage of Hiroshima Station

高石,武史  ,  池坊,繁屋  ,  定國,伸吾  ,  趙,領逸  ,  中村,格芳  ,  山嵜,勝弘  ,  末房,守

48pp.87 - 97 , 2015-12 , 広島国際学院大学
ISSN:1345-3858
NCID:AA11419398
Description
We started a digital signage project at the underground passage of Hiroshima Station on April, 2014. At a booth in the middle of this passage, movie contents (8K×1K resolution) were played on a digital signage which was configured with 4 LCD displays, and interactive contents were demonstrated on the screen on the left-side window. This project was successful due to the collaborated work of our university faculty members from different disciplines. The aim of this project was not only to send out information on our university but also to encourage and motivate the students who participated in this project by collecting materials, creating contents, etc. In this paper, we will touch on the outcome of this project.
筆者らは2014年4月より,広島駅南口地下展示ブースにおけるデジタルサイネージプロジェクトを開始した。この展示ブースでは, 8K×1K解像度の動画コンテンツを4枚のLCDディスプレイを用いたデジタルサイネージで再生し,インタラクティブコンテンツを左側面のウィンドウ上のスクリーンにおいて実演している。このプロジェクトは筆者らの大学内の様々な学科の教員が協働して参加することで成功している。このプロジェクトは,大学の情報発信を促進するとともに,素材収集やコンテンツ作成等で参加している学生のモチベーションやアクティビティを向上させることを目的としている。筆者らは,このプロジェクトを通じて学生の学習成果と課外活動の成果も紹介していきたいと考えている。
Full-Text

http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/file/12024/20180322093600/AA11419398_48_p87.pdf

Number of accesses :  

Other information