Departmental Bulletin Paper 入職期における中学校社会科教師の職能発達に関する研究
A Study on the Development of Teaching Ability of Junior High School Social Studies Teachers during the Period of their Employment

胤森,裕暢  ,  田中,泉

40 ( 2 )  , pp.43 - 51 , 2017-09-30 , 広島経済大学経済学会
ISSN:0387‐1444
NCID:AN00408380
Description
本研究は,入職期にある社会科教師が,勤務する中学校及び,同じ入職期にある他校の社会科教師らからどのような手立てを得て,いかに自らの授業力を向上していくのかを明らかにしようとしている。そのためにまず,対象の教師が,入職期に授業力を向上できていたかどうかを,学習指導案や自身をはじめ関係者へのインタビューを通して明らかにしていく。次に,この教師及び勤務校の校長や同僚らへのインタビューを通して,その授業力向上を支えてきた校内外の研修や支援の態勢などの手立てを明らかにしていく。
成果として,授業力が向上する手立てとして,授業モデルを示すなどして明確な示唆を与えてくれる先輩社会科教師,自らの授業を吟味し改善し続けるための授業研究を推進する校内の態勢,社会科教育の観点から,より異なる視点など手がかりを与えてくれる校外の社会科教師や授業研究の組織,そして教師自身の授業づくりへの主体性があることを明らかにしたことがある。
残された課題としては,こうした手立てなどを組み込んだ校内態勢や校外における授業研究会の具体像を明らかにすることなどがある。
Full-Text

http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hue/file/12292/20171013171430/kenkyu2017400203.pdf

Number of accesses :  

Other information